医療現場で使われる心臓病の薬

心臓病患者に対して医療現場で処方される医薬品には、実にさまざまなものがありますので、それぞれのメカニズムを知るとともに、副作用などについても気をつけて置く必要があるといえます。
たとえば、ACE阻害薬とよばれるものは、心臓が血液を送り出す力を強めるようなはたらきをもっているホルモンが過剰に活動をしている状態をやわらげて、心臓に負担がかからないようにするための薬です。これには副作用として、たんが出ないような空咳がつづいたり、血管浮腫といって、まぶたなどが突然に腫れてしまうといった症状がみられることがあります。
また、硝酸薬は、全身の血管、あるいは冠動脈とよばれる心臓に血液を送り込んでいる血管を拡張して、狭心症の発作などを防ぐというはたらきをするものです。ただし、血管の拡張によって、頭痛やめまいといった副作用が生じることがあるほか、ある種の男性機能を高める薬と併用してしまうと、血圧が急に低下してしまうといった相互作用がはたらいてしまいますので要注意といえます。
ベータ遮断薬は、交感神経のはたらきによって心臓に過大な負担がかかっている状態を緩和して、心不全の悪化を防止するための薬です。ただし、血圧低下によるめまいやふらつき、むくみや体重の増加などといった、副作用が生じる場合があります。
血液凝固阻止剤は、血液がかたまって血栓になることを防止し、血液の流れがスムーズになるようにして、心臓の負担を減らすためのものです。ただし、これは血液凝固阻止剤のはたらきにも関連してきますが、仮にけがによる出血があった場合には、血液がなかなか止まらなくなってしまうというリスクがあります。
これらのほかにも、心臓病関連ではさまざまな医薬品がありますので、処方を受けるつど、医師に確認をするとよいといえます。