医療問題、生活習慣病への学会活動とスムージーの流行

医療問題は現代社会における最も取り組みが必要とされている問題の一つです。その原因となっているのは医療費の高騰であると共に、その状況を作り上げてしまっている生活習慣病の蔓延です。日本成人病生活習慣病学会が設立されてその研究や情報共有、国民への情報発信や啓蒙活動、教育活動が行われるようになっているほどであり、国民の誰もに認識してもらって個人レベルからの予防や改善の取り組みが求められているのが現状となっています。生活習慣病が医療費の高騰に大きな影響を及ぼしてしまっている原因は基本的には慢性疾患であって継続的な治療が必要になるものであるというのが大きな要因です。疾患の原因になっているものが生活習慣に根ざした本人の習慣であるため、治療の基本的には対症療法であって根本的な治療を達成するには本人の努力がなければなりません。そのため、日本成人病生活習慣病学会のような組織による啓蒙活動や教育活動が重要になっているという面があります。その甲斐もあってだんだんと生活習慣病についての認識は広まってきており、予防や改善を行っていくための日常生活レベルでの取り組み方も広まってきています。その中でも比較的新しいのがスムージーの活用であり、特に顕著なのがグリーンスムージーの活用です。野菜に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養素や酵素などを効果的に摂取することで栄養状態を改善することにより生活習慣病に抗っていくアプローチであり、健康や美容を促進できるものとして人気が高まってきています。特に厚生労働省によって提示されている一日に350gの野菜を摂取するという目標を達成するのにも役立つことからグリーンスムージーが広まっているのです。