インプラントの問題点とは?メリットだけじゃない?

何らかの理由で歯を失ってしまった場合の治療法として、少し前までは入れ歯が代表的でしたが、歯科技術の発達に伴い、近年ではインプラントによる治療を行う歯医者も増えてきました。
そのため、詳しい治療方法は知らなくてもインプラントという言葉だけは聞いたことがあるという方も多いはずです。
では、インプラントとはどのような特徴を持つ治療法で、また、どのようなメリットやデメリットがあるのかご紹介いたします。

インプラントとは、歯を失ってしまった部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯とも呼ばれる歯冠を取り付けることで、噛むための機能や見た目を回復させるという点が特徴の治療法です。
その大きなメリットとしては、歯を失った部分に人工歯根を埋め込むため、失った歯の周辺の歯を削るなどして人工歯を固定する入れ歯と異なります。
失った歯以外の歯を削ったり抜いたりする必要がないため、健康な歯に負担をかけなくても治療ができるという点があげられます。
また、顎の骨に人工歯根をしっかりと固定するため、違和感なく噛むことができる、健康な歯と同程度の噛む力が回復できる、といった点も大きなメリットと言えるでしょう。
ほかにも見た目の面で、入れ歯よりも健康な歯に近いという特徴があります。

一方で、インプラントも万能な治療法ではありません。
デメリットとして、歯科医による外科手術が必要なため、多くの手術と同様に大量出血や神経の破損といったリスクを伴います。
また、顎の骨と埋め込んだ人工歯根が結合することにより噛む機能が得られるので、きちんと結合するまで一定の治療期間が必要です。
そのほか、手術が失敗することなく成功した場合でも、手術後にメンテナンスをきちんと行わないと治療部位に細菌が感染して歯周病と似た炎症を起こしてしまうこともあります。
結果としてインプラント治療が失敗となってしまうケースもあります。
費用に関しても、保険適用でないため保険が適用される入れ歯と比べるとコストがかかります。

いずれにしても、インプラントによる治療を受ける場合は、インプラント治療に精通し、治療の特徴とともにメリットもデメリットも説明してくれる医師を探しましょう。
きちんと相談にのってくれたりする歯科医師が在籍し、衛生的な歯科医院で治療を受けるようにしましょう。
またインプラント治療では、治療後のメンテナンスも重要になってきますので通いやすい歯医者を探すということも大切です。
しかし、例えばインプラントを神奈川で行う際は多くの歯医者が点在しているので慎重に選ぶ必要があります。
家から近いからなどの理由だけで選ぶのではなく、歯科医師が信用できる安全安心な治療を施してくれるのかどうかまで判断したほうが良いでしょう。
東京や埼玉、神奈川は人口も多いため、歯科医院の数も必然的に多くなる傾向にあります。
リスクを伴う手術なので慎重に歯医者探しを行うべきでしょう。